column」カテゴリーアーカイブ

a/anとtheの違いを学ぼう

a/anとtheとは?

a/anとtheとは、「冠詞」という文法です。
日本語だと、馴染みは無いですよね。
冠詞とはどういうものかというと、名詞(人・物・事)の前に付けて、
特定するものを表す表現で、数の前にもつけて使います。
皆さんはa catとthe catを使い分けることは出来ますか?
今回はその仕組みをご紹介いたします。

数えられる名詞と数えられない名詞

まず名詞には、数えられる名詞と数えられない名詞があります。
数えられる名詞とは、1・2・3…と数えられるものを指します。
例えば本や犬、友達などです。
反対に数えられない名詞とは、塩、砂、水など、液体であったり、
1粒2粒3粒といちいち数えないものを指します。
形が明確にあるものが、数えられる名詞で、
液体のような形が不明確な物を、数えられない名詞と分けることが出来ます。

a/an

a/anは、数えられる名詞が、単数の時に使います。1つということですね。
使い方としては、その名詞の前に付けて使います。
また文章で書くと難しいのですが、その名詞が特定していない場合にも、
名詞の前にa/anが使われるというルールがあります。

まずは名詞が単数の場合の使い方ですが、
・a book (一冊の)本
・a dog (一匹の)犬

次に、名詞が特定していない場合ですが、
<例>
(特定しない)写真を撮ることが好きと言うとき。
I like taking a picture.

また、後ろに来る名詞の頭のスペルが”a i u e o “の場合のみ、
冠詞は”a”ではなく、”an”を付けるというルールがあります。
・ an apple (一つの)林檎
・ an egg (一つの)卵

the

a/anは数えられる名詞が1つの時で、その名詞が特定されていない場合に用いられるのですが、
それに対してtheは数えられる名詞、数えられない名詞、単数、複数に関係なく、
聞き手と話し手の間で一つの特定できる名詞を指す場合、その名詞の前に用います。
・the apple (特定された一つの)林檎
・the eggs (特定された複数の)卵
複数にも使うんですね。

例で見てみましょう。
<例①>
面接室に一つしかない椅子を面接官が指を指して、
Please sit down the chair.
その椅子に座って下さい。
→面接官と聞き手は、お互いどの椅子のことか分かっている。

<例②>
iPhone10の話を以前したことがあり、買ったことを報告するとき、
I bought the phone last Sunday.
あの電話を先週の日曜日に買ったよ。
→話し手と聞き手は、以前電話の話をしていたので、どの電話を指すのかお互い分かっている。
こんなシチュエーションで考えると分かりやすいですね。

a/anとthe を使い分けよう!

簡単な覚え方としては、
a/anは特定されていない名詞の場合、
theは特定されている名詞の場合です。

a/anとtheは物語の中でも使い分けられているんですよ。
<例>
①Once upon a time, there was a poor girl.
(むかし、むかし貧乏な少女がいました。)
②The girl always helped her mother so she was called “hard worker” by people.
(その少女はいつも母親の手伝いをしていたので、人々からは「働き者」と呼ばれていました。)<解説>
①では、読み手と作者の間で特定されていない少女の登場のためaが使われています。
②では、①で読み手に認識された同じ少女がもう一度登場したので、theが使われています。

今回紹介した内容は中学で習う内容です。
a/anとtheの違いは英会話をする上で、重要度は高くありません。
例えると、外国の方が日本語を話していて、こちらは理解出来るけれど、
「は」「が」「を」が少し間違っているな~というレベルと同じです。
しかし、aとtheの違いを明確に知ることで、正確に英会話を使うためのステップアップだと考えるとないがしろには出来ないですね!
何回も英会話を話さないと、自然に話せるようにはなかなかなりません。
たくさん英会話を話すことが出来るエブリトークで、是非スキルアップしてくださいね。

英会話スクールのネイティブ講師

英会話スクールの講師はどんな講師がいいでしょうか。
まず講師には日本人講師と外国人講師がいます。
そして外国人講師には、ネイティブ講師がいます。
ネイティブとは第一言語が英語を使う国出身の方のことです。
私たちが日本語を話すことに問題が無いのと同じで、
ネイティブ講師は母国語をレッスンしているのです。
日本人の英会話講師でも良い方はたくさんいますが、
やはりネイティブから学んだ方が良いと思う方は大勢います。
えいご放題ではどんな講師がいるのか書いてみたいと思います。

まず、外国人の講師はどんな人なのでしょうか。
外国人の講師の多くは、フリー講師と、社員の講師と、LTの講師の3種類のどれかに当てはまります。
LTの講師とは、中学校や高校などで授業を教えている講師のことです。
大まかにこの3パターンのどれかで勤務している講師が多いです。

では、えいご放題ではどのような形で講師を雇用しているかというと、
・講師の経験が3年以上あること
・大学を卒業していること
この2点は必須ですが、なにより人柄や熱意が最優先です。
勉強はなんでもそうですが、楽しく勉強できれば継続して勉強することが出来ます、
生徒さん側が教えてもらって楽しい講師を、えいご放題は採用しています。

講師の国籍については、えいご放題はネイティブ講師のみを採用するため、
中心となる国はアメリカ、イギリス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアなどです。
英語が第一言語といっても、国によって発音や雰囲気が違います。
いろんな国の発音を楽しんでもらえるように、いろんな英語圏の講師を採用しています。

えいご放題では、外国の方とコミニケーションがとれるようになるのを、まず第一の目標としています。
なので一人の講師だけではなく、いろんな講師のレッスンを受けていただきたいです。
是非海外で通じる英語を学びたい方は、講師の選択基準をネイティブ講師にポイントを置いてみてはいかがでしょうか。

ネイティブの講師は日本語が話せる程度は講師によって変わります。
日本語が流暢な講師には、質問が細かくすることが出来ますし、
日本語をあまり話さない講師については、本場の英会話を試す目的でどんどん会話していくと良いですね。

日本では、あまり外国人と接する機会が国際化が進んでいるとはいえ、まだまだ少ないです。
その部分をえいご放題のサービスでカバーできれば良いなとスタッフ一同考えております。

是非えいご放題へ体験レッスンを受けに来てくださいね。

大阪の英会話スクールの選び方

最近では、大阪市内でも小さい子や、若い子が外国の方と肩を並べて歩きながら英語を話している様子を見る機会が増えてきました。
最初は、驚きましたが、小学校や中学校から英語を話せるようにと英会話を取り入れていたりしていることもあり、着々と日本も変わってきているのかなと感じます。

そしてこれは、仕事などにも影響している方がいるのではないでしょうか?
いざ英会話をはじめようと思ってインターネットで英会話スクールを探してみると、大阪だけもかなりの数の英会話スクールがあります。
ではどのように英会話教室を選ぶとよいのでしょうか。下記のポイントを意識して英会話スクールを選ぶのが良いのではないでしょうか。

通いやすさ

まず何より通いやすさが大事です。通うことが困難だと、英会話を始めても途中で挫折してしまうという事は少なくありません。
そして、通おうと思う英会話スクールが自分のライフスタイルに合っているかどうかの認を忘れてはいけません。残業が多くある仕事でレッスン予約、仕事のためレッスンキャンセルを繰り返すことになるとほとんど通えなくなってしまい、結局英会話スクールで契約しても幽霊部員の様になってしまいます。

費用

こちらは、言わずも自分が払える範囲で通えるところを探すべきですよね。
ご飯が食べられなくなっては元も子もないのですし、高ければ良いというものでもありません。続けやすいということが一番大事なんです。
英語を話すことを始めるということは、思っているほど、難しいことではなく、安くても英語を学ぶことは出来ます。

勉強方法

あなたは、英語を話すにあたってどのように話したいですか?と問いかけられた時に思い浮かべれることは、どんな人でもおおよそのイメージは一致する事でしょう。ネイティブのように滑らかな発音で、途切れることなく自分の意思を伝えている姿だと思います。
その中で、必要なことはなんでしょうか?
これから英会話をはじめようと思っている方がいきなりすらすらと話せるわけがありません。英会話を始めた人で完璧を求めるあまり、英語を話せない自分にがっかりしてモチベーションが下がるなんて事はよくあります。
しかし、それが当然ですよね?
文法通りに正確に話そうとすると、言葉は詰まるし、発音だって今まで話したことのない言語を話しているのだから、最初からきれいに話せるわけがないですし、最初から話せるならそもそも英語をはじめようなんて思わないですよね。
ネイティブスピーカーのようにきれいな発音を話したいなら、ひとつひとつ丁寧に発音の練習をしないといけないですし、詰まることなく話したいなら、日本語に変換せずに思ったことを話していけるように日々練習していかないといけないのです。
毎日のように続けていくことが大事なのです。

大阪の英会話教室

冒頭で述べた様に大阪には英会話教室はたくさんあります。
その中でどの教室を選ぶかはあなた次第です。
しかし、低価格で、ネイティブ講師が複数名いて、毎日のように通える教室というのは多くはありません。その様な条件の中でエブリトークはそれらを可能にしています。
英会話をはじめようと思ったのであれば、この機会にエブリトーク梅田校の無料体験レッスンに参加してみてはいかがでしょうか?

オーストラリアへ英会話を実践しに行ってみよう!

皆さまはオーストラリアについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
自然が美しく、治安も良い国というイメージをお持ちの方が多いと思います。
オーストラリアはとても安全なので、旅行先や留学先として人気です。
私は先日、旅行でシドニーに行って来ました。
日本からの直行便があるので、とても楽に行くことが出来ました。
初めて海外に行かれる方も直行便は便利なので安心ですね。
留学先としてもオーストラリア人気で、他の英語圏であるイギリスやアメリカ・カナダなどに比べ距離が近いので、航空代も時期にもよりますが比較的安いです。

実際のオーストラリアはどんなところ?

オーストラリアは、やはり自然の美しさに目がいきます。
素敵なカフェやバーもたくさんあり、外が暗くなっても出歩くことが出来ます。
日本のように安全な場所で、ガイドブックなどで見るオーストラリアの良さがそのまま味わえる国です。
私が行ったシドニーは、都市なのでビル多く、美しい自然は見られないと最初は思っていました。しかし実際に行ってみると、きれいな海がすぐそばにあり、
少し離れた場所には美しい山があり、ハイキングをすることが出来ます。
さすがオーストラリアですね。
今回は行かなかったですが、シドニーと同じく世界的に人気の都市メルボルン。
メルボルンも大都市ですが、美しい自然が近くで味わえるとても人気な場所です。
オーストラリアは都市であっても美しい自然がすぐそばで実感出来る、そんな国です。

なぜ、留学やワーホリ先で人気なのか?

オーストラリは、留学やワーホリ先として人気の為、
アジアやヨーロッパなど、様々な国の人が訪れます。
なぜ人気なのでしょうか。まずやはり自然が豊富で気候が穏やかなところと、
大きな理由は治安の良さです。オーストラリは学校が多い為、安く通える学校もあります。
そしてワーキングホリデーとして来た方には、仕事もイギリスなどと比べ見つけやすく、
なによりオーストラリの時給はとても高いので、仕事目当てで訪れる人も多くいます。

私がオーストラリアを訪れた際、オーストラリア人は親切で優しい人が多い印象を受けました。
もちろん人やその環境にもよりますが、アメリカへ行った経験と比べても、比較的穏やかな人が多いように思われました。
英語が話せなかったり、聞き取れないときに、理解しようとしてくれたり、丁寧に話してくれたら英語を学ぶ側として本当に嬉しいですし、英語を頑張って話そうすることが出来ますよね。
間違いを恐れずに話すことが出来れば、英語力はどんどん伸びます。
環境は英会話を学ぶ上でとても大切です。

オーストラリアの英語について

以前オーストラリア英語は訛りがすごくて聞き取りずらいので、
留学先としては辞めたほうがいいと言われたことがあります。
田舎の方へ行くと 「オージーイングリッシュ」と言われる訛りのある英語を話す人は実際多いですが、シドニーなどの都市にいれば全く問題ありません。
そして英語を初めて学びに留学へ行く方は訛りがあるないかはまだ分からないかと思います。
訛りがあるかないかで、オーストラリア留学を検討していらっしゃる方がいましたら、特に気にする必要はありません。
オーストラリア人は優しく丁寧に話してくれる人が多いので、聞き取りやすく話もしやすいです。

オーストラリアで英会話を身につける

オーストラリアで英語を学ぶなら、 日本人が多く集まる場所は避けましょう。
シドニーでは、シティーの中心部にチャイナタウンがあり、
そこには日本人をはじめ、多くのアジア人がいます。
シドニーにいるにもかかわらず、アジアにいるような気分にさせられる場所です。
そういった日本人が多く集まる場所は、オーストラリア以外にもアメリカのロサンゼルスなど、他の国でもあります。
留学先を選ぶ際は、日本人の多く集まる場所は避けた方がいいです。
もちろん、日本人のコミュニティがあれば色々な場面で助かるので、全く関わらないという意味ではないですが、やはり日本人が多く集まる場所へ行ってしまっては日本にいるのと同じです。
英語が話せないと、ストレスやホームシックで日本人ばかりと話してしまい、
せっかく英語を学びに海外に来たにも関わらず、日本語で過ごしている状態になってしまいます。
そうならない為に、留学する前に少しでも英会話スクールに通って、
ある程度英語を話せるようにしておくと良いですよ。
留学先では、日本で学んだ英会話をアウトプットし、更に勉強するの方法がお勧めです。
そして英会話スクールを選ぶ際は、実際海外で通用するようにネイティブの講師が教えるスクールを選ぶといいでしょう。
えいご放題はネイティブの講師のみがレッスンしています。
楽しんで英語が学べるように準備をして海外へ行きましょう!

大人の方向け英会話の勉強の仕方とは①

英会話にチャレンジしたい方、仕事で必要になった方、
やっと自分の時間が出来て、好きなことをしたい方など、
大人の方にぴったりな英会話スクールをご存じですか?
自分の好きな時間を選んでレッスンに来ることができ、
社会人の方が多く集う英会話スクールで、自分らしく自分のペースで
英会話を学べる場所、それがえいご放題です。
えいご放題では大人のかた向けに考えられたシステムが充実しています。
今からでも大丈夫かな?という不安を吹き飛ばすほどの元気な外国人講師と一緒に英会話を学んでみてはいかがでしょうか?
「大人になってから英語を身につける」と言っても、
始めるスタート地点でのレベルによって、学習方法は変わってきます。
この記事では、英会話初心者の方を対象に、
おすすめの勉強方法をご紹介いたします。

講師の真似をしてみましょう

言語の覚え方ですが、まずは周りの真似をすることから始めることが多いと思います。
例えば、母親が子どもに何度もママと言うのを聞かせて、
赤ちゃんが初めて発した言葉がママ…というような話があるように、
まずは真似をすることが言語を覚える基本です。
では大人の私たちが真似をして、言語を覚えていくとすればどうすればいいでしょうか。
お勧めは、これなら言えそう!と思う、ワードや映画のセリフなどを何度も真似して話すことです。
その言葉はなんでもいいのです。何回も真似をするのが大切です。
自分が使えそうと思ったワードは、どんどん真似をして使ってみましょう。
「学ぶは真似る」と言うように、英語も同じです。
まず先に文法を勉強しないと不安という声をよく聞きますが、私たちが日本語を話せるようになった時のことを考えると文法を先に覚えてはいないはずです。
まずは言葉を耳で覚えて、真似して話すことによって喋れるようになったのではないでしょうか。
文法を理解して話せるようにすることはもちろん良いことですが、
考えて喋れないより、まずは話してコミュニケーションをとることがもっと大切です。
無理のない範囲で、『モノマネ』から始めてみるのははいかがでしょうか。

大阪にある英会話スクールエブリトークで英語を上達しよう

英語上達方法とは

英語を話す機会がとても少なかった日本で最近は、会社から英語を話せるようになってほしいと言われる方も少なくないでしょう。
英語なんか、話したこともないのに、どのように習得すればいいのか。方法は様々あります。
例えば、学校などで行われている文法から始める方法が一般的で、英語がどのようなものか学んでから英会話を始めることもいいでしょう。
しかし、この方法だと、勉強が得意な方で無いと文法がなかなか身につかず、
むしろ挫折するという方の方が多いかもしれません。
そして、正しい文法で英語を話そうとすると、頭の中で正解を導き出してから
発言するようになってくるので、なかなかスムーズに言葉を出すのが難しくなってくる人もいるので、工夫が必要になってくる方もいるでしょう。

 他によくある方法では、CDなどで、英語と日本語訳を交互に聞く方法でしょうか。
CMやテレビショッピング、ラジオなどでよく宣伝されており、実践された方もいると思いますが、文章や、フレーズを耳にして覚えてしまうと、間違った意味で伝わる場合もあります。
日本語にも言えることかもしれませんが、実際の英会話では会話の前後や、その場の雰囲気などで、逆の意味に伝わる場合があり、自分は善意で言っているつもりが、悪意として伝わったら、悲惨ですよね。

色々な勉強方法がある中で、断言できることは言語を話し始めた赤ちゃんときはみんな同じように耳から聞いて、マネして声に出すという事です。

 この方法であれば、おおよその人は本能的に話せるようになることはわかるでしょう。
しかし、この方法を行うにはたくさんの練習が必要になります。たくさん話を聞いて、たくさんしゃべる必要があるのです。
その上で、通じるか、通じないかを判断するためには相手が必要なので、英語を習得するのはとても大変なことかもしれませんね。

しかし、月々10000円以内で週に4回も通える英会話教室が大阪にもあるんです。
英会話をはじめようと思った方は、エブリトーク梅田校にぜひ無料体験レッスンにお越しください。

大阪で話題の社会人向け英会話スクール

幼少期英会話に少し通っていた!という方、少なくないんじゃないでしょうか?
いわゆるキッズクラスや、ジュニアクラスと言われているクラスですね。

社会人になりもう一度やってみたいな、いまの英会話スクールってどんなかんじなんだろう?と気になる方に今日は英会話スクールの実情をご紹介します。

●社会人向けの英会話教室

英会話を始めるにあたって、いろいろなニーズもあると思います。
・仕事の隙間に通いたい
・何かのついでにふらっと寄りたい
・仕事のシフトとうまく調節したい
・できるだけたくさん受けて早く上達したい
・海外赴任がせまっている! 

働きながらだと、どうしても仕事優先しないといけないときや、仕事を軸に考えないといない時もありますよね。
いかに都合がつきやすい、選択肢の多い内容かどうかが大事になってきます。
 

●英会話 エブリトーク という英会話スクールをご存じでしょうか?

現在大阪にエブリトークという英会話スクールを聞いたことがありますか?
広告などをほとんど出していないため、口コミや紹介、ふと検索して出てきた!なんてこともあったりします。
大きな英会話スクールに比べると影響力は少ないかもしれませんが、中身をみてみると、社会人のニーズに寄り添ったレッスンのしくみや、スケジュールになっていて、初めて体験レッスンで校舎にこられた生徒さんたちはびっくりされることも多くあります。いま熱いエブリトークとはどんなスクールなのか?

●仕事の合間に、何かのついでに受けれるんですか?

受けれるんです。エブリトークのレッスンのスケジュールは幅広いので
梅田によった帰りにふらっと1レッスン!受けたりすることも可能です。
自分のタイミングでの語学勉強ができるのは良いですよね。

●授業はどんな感じ??

エブリトークの授業では日常会話に特化した授業が用意されています。
ネイティブ講師が本当に日常会話に使う英会話を用意しているので、効率良く勉強することができます。
また、ゲーム形式になったりディスカッションをしたり、いろいろな方法で先生たちが授業を盛り上げてくれますよ。
また、宿題などがないので、1レッスン毎の完結授業になります。いつ来ても生徒さんが気後れしないように工夫されているので一度是非体験レッスンをうけてみてください。

社会人向けのエブリトークでは、生徒のニーズに合わせたプランやシステムがそろっています。
話題の英会話スクールで語学勉強を始めてみませんか?
是非一度体験レッスンにきてみてくださいね。

習い事を始めてみませんか?

習い事の種類は様々です

英会話教室の他に、料理教室、楽器、着付け、ヨガやダンス、パソコンなど様々です。
最近ではスポーツ系ではボルタリングや、女性のキックボクシングなどが流行っているのではないでしょうか。
語学では、やはり英会話が圧倒的に他の言語より人気があります。
大阪の中心地のひとつである梅田周辺であれば、色々な習い事のスクールは多く、とても通いやすい環境と言えます。

では、習い事をする意味は何でしょう。
英会話の場合は、仕事や生活で必要になったという場合もそうですし、英語を話せるとかっこいいという憧れも多いのではないでしょうか。
習い事をして、自分のスキルアップになれば、自分への投資ということになりますね。
習い事は趣味もありますが、更に実益も両立すると、目的意識を持って長く続けられるかと思います。
習い事をする意味の1つとして、自分の生活を充実させるというのも理由になるのではないでしょうか。
習い事を生活の1部に取り入れてより充実した毎日を送りましょう。

何かを始めるときは、きっかけやタイミングがとても大事です

社会人の方は仕事があり、学生の方は学校やバイトなどで、なかなか始められないと足踏みする人も多いと思います。
始めやすいタイミングは、例えば環境が変わるタイミングや新年度などでスタートしてみてはいかがでしょうか?
サラリーマンの方であれば転勤や転職、新入社員の方であれば新しい環境でのスタートになります。
地元の方でなければ、友人や知人がいない環境になる人もいると思います。
そんな時こそ新しい習い事にチャレンジしてみるチャンスです。
習い事に通う事で生活のペースも作れますし、出会いもあります。
出会いといっても仕事の付き合いとは違い、同じ目的や趣味を持った人との出会いは、あなたのスキルアップや生活を更に充実させるきっかけになるはずです。

おわりに

今回は習い事についてお話ししてみました。
種類も多く迷ってしまうかもしれないですが、皆さんも自分な興味があるものを見つけてみましょう。
体験レッスンは無料のものが多いので、先ずは体験に参加してみてはいかがでしょうか。
えいご放題大阪梅田校でも、無料体験レッスンを行っています。
是非ご参加ください、お待ちしています!

仕事帰りに行ける英会話

こんにちは、えいご放題大阪梅田校です。
大阪梅田駅から徒歩3分で通えるえいご放題大阪梅田校は月額9,800円で、レッスン受け放題の英会話スクールです。
今回は、スクールの雰囲気や、皆さんがどのように通われているかをご紹介します。

帰宅するついでに1レッスン

習い事を始めるときに考えることの一つとして、通いやすいかどうか大切ですよね。
駅から遠かったり、通勤ルートから外れていたりすると、だんだんと通うのが面倒くさくなるのは、習い事あるあるの一つではないでしょうか。
予約も取りやすいので、仕事帰りや学校帰り、お買い物帰りにも時間が出来たからレッスンを受けよう!と気軽に決めてレッスンを受けていただくことが出来ます。
実際に通われている生徒さんの中にも、学校帰りにレッスンを受けてその後アルバイトに行かれる方や、お仕事が終わって時間が空いたからレッスンを受けにきた方も多いです。
実はえいご放題は自分の好きな日時を選んでレッスンを受けることが出来ます。
えいご放題の予約システムは、授業の直前まで予約が出来るようになっているため、今日行ける!と突然予定が変更した場合もレッスンを受けることが出来ます。
自分のライフスタイルに合わせて、レッスンに行けるなんてストレスなく通えますよね。

授業はどんな感じなの?

えいご放題の授業では、日常会話に特化した授業が用意されています。
ネイティブ講師が本当に日常会話に使う英会話を用意しているので、効率良く勉強することができます。
また、ゲーム形式になったりディスカッションをしたり、色々な方法で先生が授業を盛り上げてくれます。レッスンに気後れしないように工夫されているので、初めて英会話を習う方にもお勧めです。
もちろん経験者の方も、ネイティブの言い回しなどを勉強出来るので英語力のキープに繋がります!
また宿題などはなく、1レッスン完結型の授業スタイルなので、マンネリ化することがなく、毎回新しい授業ができとっても新鮮です。

えいご放題で英会話を始めてみませんか?
是非一度体験レッスンに来てください!お待ちしています。

英語が話せると海外旅行がより楽しくなる!

英語が通じる国

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどはもちろん、英語が通じる国は沢山あります。
フライト時間や費用などの面から人気のアジア旅行も、シンガーポール、マレーシア、フィリピン、インド、韓国、香港、ベトナムなどでは英語が通じるためコミュニケーションが取りやすいです。
ヨーロッパでは、ドイツ、スイス、オーストリア、ベルギーなどで問題なく英語を使うことができ、特きドイツのベルリンやオーストリアのウィーンなどでは、英語でコミュニケーションを取ることが出来れば困ることはほとんどありません。
ヨーロッパ旅行は国同士が隣接しているためアクセスも良く、英語も通じる所が多いので観光しやすいです。
その他の北アメリカや南アメリカ、オセアニア、アフリカなどでも英語が通じる国はたくさんあります。

英語レベルが高い国

英語のレベルが母国語ではないけれどネイティブスピーカーと契約交渉できるぐらいの国で、例えばスウェーデンやオランダがあります。
西欧諸語英語力が高いとされていますが、それぞれの言語の先祖が共通しているので、発音・文法・単語が似ています。
そして宗教などの文化も英語圏と共通しているため、彼らにとって英語は習得しやすい言語なのです。
もちろん一般的な家庭では英語ではなく母国語で会話をしますので勉強をする必要があります。
しかしなぜヨーロッパの中でもネイティブレベルの英語が話せるかというと、まず授業時間が圧倒的に多く、日本と比べるとおおよそ2倍の授業時間が確保されています。
その他に、例えばデンマークでは母国語以外にテレビなどで英語が使われているなど、幼い頃から英語に触れる環境があります。
英語のレベルが高い国では常に英語が身近にあるのです。

海外旅行をより楽しむために

海外旅行に行った際には、現地の人とコミュニケーションがとれるといいなと思われる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
英会話を始められる方で、英語でコミュニケーションが取れるようになりたいという理由をお持ちの方は沢山いらっしゃいます。
海外旅行で1番必要になってくるのが、スピーキングとリスニングです。もちろんリーディングもできると尚いいです。
今は翻訳アプリなどがありますが、やはり自分で喋ったり聞き取れたりすると嬉しいですよね。
英語で会話ができるようにするためには、とにかく英語をたくさん耳にし、たくさん話すことです。
英語の単語や文法を覚えるのはとても大切です。
ですが、話さなければ英語を話せるようにはなりません。
英語を読んでいるだけでは聞く力はつきません。
ネイティブから本物の生の英語を聞き、覚えたフレーズなどを、とにかく何度も使って話すことがとても大切です。
英語をどんどん話して聞くことが、英語を話せるようになる一番の近道です!
『えいご放題』ではネイティブの先生が授業を行います。
ネイティブから聞く英語は全然違います。
本物の発音、また言い回しなどもネイティブならではの現地の言い方を学べますよ!
ネイティブの先生とたくさん会話をして、リスニング・スピーキングの力をつけていきましょう!