column」カテゴリーアーカイブ

英語を話せるようになりたい人必見!

英会話スクールに抱くイメージ

こんにちは、えいご放題大阪梅田校です。
突然ですが、皆さんが英会話スクールに対して抱くイメージは何でしょうか?
英語を話せるようになりたいけど本当に上達するのかな、、、
月謝が高いのに一週間に1回しか行けない、、、
グループレッスンで自分だけ喋れなかったらどうしよう、、、
このようなイメージを持っている方もいらっしゃるかと思います。
えいご放題は生徒様に楽しく安心してスクールへ通っていただくため、10,000円以下の安いお月謝で受け放題というシステムで提供しています。

上達の秘訣

突然ですが、みなさん昨日は何をしましたか?何を食べましたか?
覚えていますでしょうか?
一昨日はどうですか?先週は、、、?
だんだん思い出すのが大変になっていくのではないでしょうか。
英会話も一緒で、復習しないと忘れてしまいます。
忘れないためには、出来るだけ期間を空けないようにして繰り返し練習していくことではないでしょうか。
せっかくレッスンを受けても次のレッスンまで時間があるとどうしても忘れやすくなってしまいますよね。
えいご放題では出来るだけ生徒様が繰り返し練習できる環境をご提供いたします。

えいご放題大阪梅田校では月-木まで毎日レッスンを受けることが出来ます、
月間最大16レッスン受講可能です!
なのに、なんと月謝は月額7,800円+税 !

更に上達するためには適した環境での練習が必要です。
独学で英語を学ぼうとすると、知らないことを自分で1から習得しようとすると時間がかかり、途中で挫折してしまう方が多いようです。
えいご放題では、英語に日々触れることができる”英語環境”を整え、生徒様に提供しています。

レベルに適したレッスン内容

えいご放題大阪梅田校では、3段階のレベルのご用意がございます。
それぞれの生徒様の英語力に適したレベルでレッスンを受けていただけますので、無理なく上達していただけます。
それぞれのレベルのクラスには同じ英語力の方が所属しているため、自分だけ話せなかったらどうしよう、、、という不安も解消されるのではないでしょうか。
レッスン内容は、初心者のクラスは簡単な挨拶や自己紹介、ゲームを交えて楽しく英語に慣れていくところから始めます。
初級では、レストランでのオーダーの仕方などシュミレーションを通して日常的に使える英会話を学びます。
中上級になると、トピックに対して自分の意見を話したり、ニュースなどの記事を使ってディベートを行ったりします。
もちろんレベルアップも可能!上達したと感じたら初心者から初級、中上級へとレベルアップしていくので、話せるようになってきたとどんどん実感も湧いてきますよ。
モチベーションのキープにもつながりますね!

充実した講師陣

講師は全員ネイティブの外国人です。アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランドなどの講師が在籍しています。本物の英語を聞けることは、正しい発音の上達には、練習も大切ですが、本物の英語を聞くこともとても大切です。ネイティブの講師ばかりなので、生徒様には安心してレッスンを受けていただけます。また講師によってレッスンの内容は様々ですので、是非お気に入りの先生を見つけてくださいね!

おわりに

新しいことを始めるとき、最初が肝心とも言いますが、英語も学び始めが肝心です。
えいご放題のレッスンは初心者の方から上級の方まで満足していただけるような内容となっております。
楽しいレッスンだとずっと続けたくなりますよね。
充実したサービスを使用して英語力を磨きましょう!

体験もお気軽にお申込みください、ぜひ一度えいご放題大阪梅田校で体験してみてくださいね。

Study Strategy

Hello,

This is Cameron from EveryTalk 英会話 in Umeda, Osaka.

こんにちは、大阪梅田のエブリトーク英会話のキャメロンです。

Today I will share a study strategy.

今日はいい勉強の戦略を紹介します。

In school, you might have learned a lot of English grammar and vocabulary. Did that help you speak?

学校の時に、たくさん英語の文法や単語を習ったことがあったでしょうか。それは話すのために役に立ちましたか?

To speak better I recommend to memorize FULL SENTENCES.

よりいい話す力のために完成の文章を暗記するのをお勧めです。

If you do that, you will learn vocabulary, grammar, word order, and natural expressions… all at the same time.

それをすれば単語、文法、言葉の順番、自然の表現を当時に習います。

To memorize full sentences. I recommend using the app Evernote. It’s free, and you can record your voice in a file, and write the sentence you want to memorize under it.

完成の文章を暗記のために、Evernoteのアプリを使うのはお勧めです。 無料、しかもファイルに声を記録できるし、下記に暗記したい文章を書けます。

For example, turn on subtitles on English YouTube videos or dramas you enjoy. When you find a sentence that is useful, pause the video, record the sound or your own voice, and write the sentences under it in a note, using Evernote.

例えば楽しむ英語のユーチューブの動画やドラマに字幕を付けて。

If you memorize 5 sentences a day, you will be able to speak in almost any everyday situation without much difficulty.

あなたが一日に5つの文章を覚えていけば、あなたはどのような場面でも英語を話すことができるようになるでしょう。

もし、英語に行き詰まることがあれば、僕に会いに来てね。

Good luck and enjoy!

-Cameron

日本語ペラペラなUK講師リッキー先生の言語習得について!

リッキー先生が日本語を習得するきっかけや、英語を学ぶ先に見えるメリットなどをお話し頂きました!

英文での提供になりますが、頑張って読んでみましょう!

もしわからないことや、質問があれば教室に来ていただければリッキー先生直接聞くこともできますよ!

では、どうぞ。

When I first came to Japan, while it was amazing, it was also very confusing and frustrating. The people seemed kind, but I could not understand them; the animations and dramas that I enjoyed seemed to be so passionate and well-acted, but I could not understand them; the cities and countryside hosted such amazing sights and things to do all explained by either guides or signposts; but again, I could not understand them. The point is, being unable to understand Japanese while in Japan makes being here incredibly limiting. I could meet other expats in the local bar and chat about the UK or America; I could watch TV shows and movies online with the help of streaming services; I could read fan-made translations of my favorite manga online. But it would never be the real deal. The conversations would largely be the same thing, time and time again; ultimately ending in either a rant about how Japan handles daily issues or why some other similar topic. I would be unable to watch my favorite movies and shows with a Japanese person who could not understand English. The dialogues and narratives would seem stilted and somewhat flat when translated by amateur translators as they would lack the appropriate localization and appropriation necessary for English speaking cultures. In a nut shell, in Japan, I needed Japanese.

The same can be said for anyone who wishes to venture out into the big wide world of English. English makes up a huge percentage of media; internet, movies, music, literature and stem fields all have massive amounts of content in the English language. Lets take a look at a few reasons why learning English might be the right move for you.

  1. The most popular movies come from Hollywood.

This is a fact that is very difficult to deny. Hollywood is one of the oldest movie studios in the world and has been consistently producing most of the top grossing movies of all time. You could argue that watching with subtitles doesn’t detract from the experience, but I would beg to differ. As an English and Japanese speaker, I can attest to the fact that subtitles are often very different from the source material. The reason may be cultural appropriation or localization but in my opinion, it colors the tone of the movie in a shade that the director didn’t intend. I believe understanding the original script and dialogue is tantamount to enjoying the experience.

  • The English music industry is unfathomably huge.

English is such a successful language to produce music that artists from all over the world have been known to release albums in English instead of their native language. Some artists release an English album part way into their career in order to boost their level of fame. This is because English is one of if not the most widely spoken and understood languages in the world. Almost every genre of music can be found in English. It truly is a huge industry.

  • English media dominates the web.

A massive percentage of the internet is English based. Take these figures for example, roughly 20% of the population of the world can speak English, 5% of the world’s population are native English speakers, yet 55.5% of all web content is in English. These figures are staggering. It shows the incredible influence English has on the world and how it works. No matter what you need to find, there is more than likely information about it online in English. Wikipedia alone is the largest encyclopedia to have ever existed having in English only, 6,162,065 articles of varying length.

  • Most countries in the world can and often use English for business and tourism.

Imagine being able to go to almost any country in the world and there being a very high chance that someone, somewhere very nearby is an English speaker. It is extremely liberating. It takes away all of the fear of travelling to new countries and allows us to enjoy our time overseas in a multitude of ways. We might be able to make friends overseas, we might be able to haggle or barter in the deep markets of the middles east of south east Asia. The opportunities are endless. As far as business goes too, English is the de facto lingua franca of the world! It doesn’t get more attractive than that. Being an English speaker in a non-native English country is a huge point on a resume, especially when it’s backed up either skill and certification.

So, there you have it, four reasons why learning English is probably the right move for you. Now the next step is to get out there, turn on your media device, and start listening. Good luck!

いかがでしたか?
なかなか、読み応えのある文章だったかと思います。
大阪梅田の英会話教室エブリトークでは、様々な国のネイティブスピーカーが講師をしています。
講師として、優秀な方々が優しくレッスンしてくれるので、英語を楽しく話すことができますよ。
毎日のように、英語を話せて格安で通える英会話教室が梅田にはあります。
気になった方は、英会話教室エブリトークへぜひお問い合わせください。

長文をここまでお読みいただきありがとうございました。

英文を読んで、英語力をアップさせよう!~英語を学ぶことのメリットについて~

When I first came to Japan, while it was amazing, it was also very confusing and frustrating. The people seemed kind, but I could not understand them; the animations and dramas that I enjoyed seemed to be so passionate and well-acted, but I could not understand them; the cities and countryside hosted such amazing sights and things to do all explained by either guides or signposts; but again, I could not understand them. The point is, being unable to understand Japanese while in Japan makes being here incredibly limiting. I could meet other expats in the local bar and chat about the UK or America; I could watch TV shows and movies online with the help of streaming services; I could read fan-made translations of my favorite manga online. But it would never be the real deal. The conversations would largely be the same thing, time and time again; ultimately ending in either a rant about how Japan handles daily issues or why some other similar topic. I would be unable to watch my favorite movies and shows with a Japanese person who could not understand English. The dialogues and narratives would seem stilted and somewhat flat when translated by amateur translators as they would lack the appropriate localization and appropriation necessary for English speaking cultures. In a nut shell, in Japan, I needed Japanese.

The same can be said for anyone who wishes to venture out into the big wide world of English. English makes up a huge percentage of media; internet, movies, music, literature and stem fields all have massive amounts of content in the English language. Lets take a look at a few reasons why learning English might be the right move for you.

  1. The most popular movies come from Hollywood.

This is a fact that is very difficult to deny. Hollywood is one of the oldest movie studios in the world and has been consistently producing most of the top grossing movies of all time. You could argue that watching with subtitles doesn’t detract from the experience, but I would beg to differ. As an English and Japanese speaker, I can attest to the fact that subtitles are often very different from the source material. The reason may be cultural appropriation or localization but in my opinion, it colors the tone of the movie in a shade that the director didn’t intend. I believe understanding the original script and dialogue is tantamount to enjoying the experience.

  • The English music industry is unfathomably huge.

English is such a successful language to produce music that artists from all over the world have been known to release albums in English instead of their native language. Some artists release an English album part way into their career in order to boost their level of fame. This is because English is one of if not the most widely spoken and understood languages in the world. Almost every genre of music can be found in English. It truly is a huge industry.

  • English media dominates the web.

A massive percentage of the internet is English based. Take these figures for example, roughly 20% of the population of the world can speak English, 5% of the world’s population are native English speakers, yet 55.5% of all web content is in English. These figures are staggering. It shows the incredible influence English has on the world and how it works. No matter what you need to find, there is more than likely information about it online in English. Wikipedia alone is the largest encyclopedia to have ever existed having in English only, 6,162,065 articles of varying length.

  • Most countries in the world can and often use English for business and tourism.

Imagine being able to go to almost any country in the world and there being a very high chance that someone, somewhere very nearby is an English speaker. It is extremely liberating. It takes away all of the fear of travelling to new countries and allows us to enjoy our time overseas in a multitude of ways. We might be able to make friends overseas, we might be able to haggle or barter in the deep markets of the middles east of south east Asia. The opportunities are endless. As far as business goes too, English is the de facto lingua franca of the world! It doesn’t get more attractive than that. Being an English speaker in a non-native English country is a huge point on a resume, especially when it’s backed up either skill and certification.

So, there you have it, four reasons why learning English is probably the right move for you. Now the next step is to get out there, turn on your media device, and start listening. Good luck!

オーストラリアについて カラン1

Australia!

Hi! My name is Callan! Today I would like to talk to you about Australia!

I grew up in a rural town in the countryside of South Australia. It is a small town with not many people but lots of nature. From my house I can see Emu and Kangaroo in the bush. The bush is like a desert but with lots of dry trees and dirt. It is not a forest. Near my town is a beautiful beach where we can surf. Near the beach is a bridge called a “Jetty” where people can fish and jump into the water. There are also dolphins near the beach, you can pat them near the boat port, they are very friendly.

I moved to the city of Adelaide after I finished high school, it was so big and exciting for me as I was from the countryside. There were many places to visit and plenty of opportunities to go to the beach.

In Australia we use a lot of slang!

For example: g`day mate!

It means good day, my friends.

Arvo=Afternoon

What are you doing this Arvo?

Ripper!

You ripper mate! It means someone is praising you for giving them a hand!

Scarn on!=Whats going on?

Scarn on mate, how are you doing?

You beauty!

You beauty! It also means thanks for the help!

Australians love to communicate with each other through casual means. It makes life simple and easy without stress. Australians like to feel relaxed and not sweat the small details. This is why Australia is nice to live in.

I studied Japanese when I was in highschool, so my first opportunity to come to Japan was when I was 16! I went on a school trip with my friends. We visited Tokyo and Hiroshima. I stayed with a host family at the time and they were so kind and warm to me. Visiting Hiroshima was an unforgettable experience, I learned about the horrors of war and the suffering it wrought on everyone in World War 2. I could grow as a person from my trip to Japan.

I continued to study Japanese at university, thereupon I applied for an exchange program for one year in Kansai University. I studied Japanese history, culture, language and I practiced Naginata! It was so fun and I made lots of good friends. I improved my kanji skills and travelled around Japan. My favourite place to visit was Hokkaido because it was snowing. In Australia it rarely snows at all, so I enjoyed playing with snow. Now I am working in Japan, my dream was to live in Japan since I was in high school and now I have achieved that goal! So I want everyone to go travel to another country and gain experience speaking a new language while meeting new people. It will help expand your worldview and change the way you look at everything. Thank you for reading my blog, I hope you can get inspiration to continue studying English.

以上 カランブログでした。

英文のみのご紹介でしたが、皆様は意味は理解できたでしょうか?
ちなみに、オーストラリアではスラングはよく使われるとありました。

Scarn on(スカーノン)、You beauty(ユービューティ)、Arvo(アーヴォ)、Ripper(リッパー) 

と、4つの単語が出てきましたね。

スラングだと、どのように発音するかネットで探しても出てこないと思うので、カタカナで近しい発音をフリガナ打ちました。

カタカナだと、きちんとした発音はお伝え出来ません。
発音や、内容について気になったら、一度校舎へ訪れてみてください!
出来る限りわかりやすくご説明いたします。

ちなみに、翻訳サイトで訳すことはお勧めしません。
私も、翻訳してみましたが、まったく違った面白い単語に生まれ変わってしまいます((笑)
スタッフ一同心よりあなたのご来店をお待ちしています。 スタッフより。

大阪で英会話スクールを探すなら先生はネイティブスピーカーの方が良い?

英会話スクールを探すなら先生はネイティブスピーカーの方が良い?

結論を言うと、ネイティブスピーカーです。
なぜなら、ネイティブスピーカーの英語を学べば どのような英語にも対応できるからです。

今の時代英語圏の人だけでなく、非英語圏の人とビジネスをすることも増えてきています。
その時に一番標準な英語を身に着けていれば、
訛りのきついインドや東南アジアの英語の聴き取りもある程度は対応できるはずです。

しっかりとした発音で会話できれば、どこの国の人にも理解してもらうことができます。

あと、ネイティブスピーカーに学ぶ理由は、表現の幅です。
フィリピン人ももちろん英語は上手いのですが、
ネイティブスピーカーと比べると、どうしても使う表現の幅が限定されてしまいます。
よって、その分学びも少なくなります。

教室にネイティブスピーカー英語教師がいることは、発音を
なまりのない綺麗な英語の習得ができると考えていいです。

アメリカ英語とイギリス英語の違い

アメリカ英語とイギリス英語は発音、文法も違いがあります。
しかし、普通に会話はできるのでどちらを習得しても良いです。
日本語の津軽弁や関西弁のような感じです。
アメリカ人、イギリス人は問題なく会話ができます。

フィリピン人の英語はどうか?

まず何故、フィリピン人が英語を喋れるのか説明していきます。

フィリピンは6000以上の島によって出来ていますが、
フィリピン人の言語は島によって違います。
同じ国籍なのに合計170以上の言語が存在しています。

実際にセブ島の言語はセブアノ語でマニラの言語はタガログ語です。
なのでマニラ出身の人とセブ出身の人が第一言語で話すと通じません。

イギリス人、オーストラリア人、アメリカ人では英語の発音が違います。
同じアメリカの中でも、住んでいるエリアによって発音が変わります。
日本でも同じなので、これは当たり前です。

フィリピンでの学校教育では、
小学校の段階から英語教育を受けます。
国語以外の授業は基本的に英語で行われるそうです。
なので基本的にフィリピン人は自分の島の母語と英語を公用語として話せます。

フィリピン人が英語を話せる理由は、
アメリカ時代にフィリピン社会のアメリカ化を進めたことがはじまりです

でもフィリピン英語はネイティブより喋るスピードが遅く、
Idiomも使わず、文法が優しいので完全に初心者向けです。

なのでフィリピン留学で英語が出来る気になって、
オーストラリアやカナダでワーホリをした時にネイティブの会話に理解に苦しんだり、
自分の英語が発音の問題で通じなかったりします。

個人的に訛りの問題というより、
フィリピン人からは正確な文法と正しい発音を習えないのは問題だと思います。

まとめ

英語はネイティブスピーカーから学ぶべきです。
大阪の阪急梅田駅近くの英会話エブリトークはネイティブスピーカーから学べる
英会話スクールになっています。

英会話を大阪の梅田で楽しく学べる【エブリトーク】

1.エブリトークってなに?

エブリトークとはその名の通り、英語を欲張りにたくさん学んでしまおうというコンセプトの英会話スクールです。東海地方を中心に教室を展開していて、今口コミで話題の英会話スクールとしてテレビで取り上げられています。現代はグローバル化が進み、英語の需要は跳ね上がっています。とはいえ、英語を学ぶ目的は人それぞれです。学生の方から社会人の方とレッスン時間のスケジュールが多い英会話スクールです。
その様なこともあり、エブリトークは生徒様それぞれのニーズに答えられるように、生徒様サポートも充実しています。

駅から徒歩5分圏内にあるスクール

エブリトークは駅から徒歩5分圏内にあるので、学校帰りやお仕事帰りでもとても通いやすい立地にあります。なので、無理せずライフスタイルの中に英会話を組み込んでいけるのです。

アットホームな教室

エブリトークは、レッスンの予約は10分前まででキャンセルは1時間前までなので、毎回レッスンを一緒に受ける生徒様の顔ぶれが違います。そのため、顔見知りが増え、お友達が増え、通えば通うほど楽しくなっていく!という生徒様からの声が毎回多数寄せられています。

エブリトークの生徒様サポート

エブリトークでは、TOEICの点数を上げたい、英文法も学んでおきたい、留学やワーキングホリデーへ行ってみたい、という英語に関連したところのサポートも充実しています。少人数制でわかるまで教えてくれると評判のTOEIC講座や、英語のノウハウを0から学べる文法講座、無料留学&ワーキングホリデーサポートなど生徒様をサポートしています。

大阪からロサンゼルスに英語留学しよう

ロサンゼルスはどんなところ?

ロサンゼルスといえば、ハリウッド!映画の聖地であり、
俳優やアーティスト、ダンサーで溢れているとても刺激的な街です。
ストリートパフォーマーもたくさんいて、道を歩いているだけで楽しめます。
気候もとてもよく、素敵なビーチもたくさん!マリブビーチ、サンタモニカビーチ…
『ラ・ラ・ランド』のロケ地でもあるハモサビーチなど有名なビーチも数多く存在します。
世界的に有名な観光スポットであるディズニーランドやユニバーサル…、有名な美術館など数多く存在し、一度は行ってみたいところです。
ロサンゼルスは多国籍の人達が集まった都市である為、色々な国の料理を楽しむことができます。
また〝リトル東京”や〝リトル大阪(ソウテル)”と呼ばれているエリアも存在するほど日本人が多く、
日本食レストランや日本のスーパーも数多く存在し、日本食が恋しくなるということもありません。
日本のスーパーには、薬や化粧品、家電製品などもあり何でも揃っています。
紀伊国屋書店や100均、無印、ユニクロなどの日本の企業が多く存在するロサンゼルスは海外でもとても住みやすいところです。
日本人の経営する日本語が通じる病院、歯医者、美容院などもあるため安心して留学ができます。

治安について

ロサンゼルスといえば刺激的な街で、気候も良く素敵な街です。ですが治安には注意をする必要があります。
まず治安の悪いところの見分け方として...

①家のドアや窓に格子がついている。
②道端にごみがたくさん落ちている。
③落書きがたくさんある。
④ボロボロな古い車がたくさん路駐してある。
⑤ホームレスやテントがたくさんある。

当たり前だけどやってはいけないこと!

・夜は出歩かない
 夜のロサンゼルスはとても危険です。暗くなってからの外出は避けましょう。
 もしどうしても夜に外出をしなくてはならないのであれば、車やUberを使うようにしましょう。

・持ち歩く現金は少なく
 いつ盗難、被害にあうかわかりません。持ち歩く現金は少なめにしましょう。

留学する前にした方がいいこと

留学する前には、ある程度の英語を学ぶことをお勧めします!
英語を学びに来ているにも関わらず英語が全く分からないために、
日本人とばかり一緒に過ごしてしまい、日本語ばかりはんしてしまうという環境状態になってしまう方が多くいます。
そうなるとやはり英語は上達しません。
ヨーロッパなどの他国の人達の多くは、ある程度の英語を勉強してきているため習得が早いです。
そして、ある程度の英語が話せるとコミュニケーションも多くとれる為、英語は早く上達します。
英語が少しでも使えるとより英語の楽しさが分かり、留学でなりがちのホームシックにもなりにくくなります。

さいごに

楽しく安全に留学するためにも、日本でできる限りの勉強をすることが留学する上でのキーポイントです。
海外で安全に過ごすためのルールを知っておきましょう!
『エブリトーク』では、ネイティブの先生の英会話レッスンになります。
また英語を最大で1週間4レッスン受けることができるのも、他の英会話スクールにはない英会話スクールです。1週間の内の半分は英語を話す機会ができるので週に1回の英会話スクールに比べて成長スピードが早いのもメリットです。
エブリトークは留学・ワーキングホリデーを無料でサポートしております。留学サポート費用が発生しないので、留学前の英語スキルを伸ばすのにえいご放題はうってつけの英会話スクールです。留学生活は自分を大きく成長させる機会の場です。
日本でしっかりと英会話スクールで英会話スキルを向上し、最高の留学生活を送れるようにしましょう。

仕事帰りに行ける大阪のアットホームな英会話スクール

【英会話スクールエブリトーク】

最近話題の通い放題受け放題の英会話スクールエブリトーク。梅田駅から徒歩5分程で通えるエブリトークは月額9,800円の安さと、たくさんのレッスンが受けることができる評判の英会話スクールです。
今回は、スクールの雰囲気や、皆様がどのように通われているかをご紹介します。

帰宅するついでに1レッスン

習い事を始めるときに考えることの一つとして、通いやすいかどうかも大切です。
駅から遠かったり、通勤ルートを外れていたりすると、だんだんと通うのがめんどくさくなるのは、習い事あるあるの一つでもありますよね。
駅近にあるエブリトーク梅田校はオフィス街に位置しているため、仕事帰り学校帰り、お買い物帰りに1レッスンだけ受けよう!と自由にきめていただくことができます。実際に通われている生徒さんの中にも、学校帰りに1レッスンうけてそのあとアルバイトに行かれる方や、梅田に遊びにきた帰りに1レッスンうけて帰る方などは多く見かけます。
学習塾の雰囲気とは違い、アットホームに楽しんで受けていただきたいので、
自分のタイミングで授業を受けていけるようにレッスンの数も沢山あります。

好きな時間を選んで受講

なにより嬉しいのが、自分の都合のいい時間にレッスンが受けれること。
エブリトークの予約システムは、授業の直前まで予約ができるようになっているため、今日行ける!と突然予定が変更した場合もレッスンを受けることが出来ます。
自分のライフスタイルにあわせて、好きな時間にレッスンに行けるなんてストレスなく毎日充実しますよね。
ライフスタイルに合わせてコースを変更することもできます。
さらには平日は1日に2コマも受講できたりしますので効率良く多くのレッスンを受講することが可能です。
担任制などの縛りがないので、毎回たくさんの生徒さんにも会えます。
宿題などはなく1レッスン完結型の授業スタイルの為、マンネリ化することがなく、毎回新しい授業ができとっても新鮮です。

ネイティブ外国人に突然英語で話しかけられたら…

近年、日本で観光客がとても増えてきました。
多くの外国人は大阪に住んでいますよね。
場所によって、外国?というくらい外国人の割合の方が多く驚くことも。
道を歩いていて、突然道を聞かれたことがある経験をお持ちの方も少なくないのでは?

外国人に突然話しかけられたら?

以前大阪城へどうやって行くのか道案内を尋ねられた経験があります。
すぐ近くの場所であれば、難しい英語を使わなくても案内することが出来そうですね。
電車を乗り継ぐ必要がある等、行き方が複雑な場所は、説明する時ドキドキしませんか。
そもそも外国人に話しかけられること自体、いくら外国の方を多く見るようになったからと言っても、日常的ある出来事ではありません。
今回は、突然の英語で話しかけられても、落ち着いて対応出来るように英会話のフレーズをいくつかご紹介します。

道案内に使えるフレーズ

A:Excuse me, could you tell me how to get to Osaka Castle?
(すみません、大阪城まで、どうやって行くのか教えてくれませんか?)
B:Sure.Go straight on this way and you can see a Osaka Castle Park on the left . After passing the park , you can arrive Nagoya Castle.
(いいですよ、この道をまっすぐ行くと、左側に大阪城公園が見えます。公園を超えると到着しま すよ。)
A:Hoe long does it take to get there?
(どのくらい時間がかかりますか?)
B:It takes about 15 minutes to walk.
(歩くと、だいたい20分くらいです。)

ここまでは、まだあまりややこしくない道案内フレーズです。

では、少し複雑な案内の仕方をすると、

A:Thank you.Do I need to get a taxi?
(ありがとう。タクシーに乗った方がいいですか?)
B:That’s the fastest way. Or you can go to there by train.
(それが一番早いです。もしくは電車で行くこともできます。)
A:How can I get there?
(どうやって(電車で)行くのですか?)
B:Take the Osaka Circular line and get off at Osaka Castle Park.There is only one ticket gate.
(大阪環状線に乗って、大阪城公園駅で降りてください。改札は一つしかないですよ。 )
もしくは、
Please use EXIT 1 to get out of the station.
(1番出口から出てください。)と案内する場合もあります。
A:Thank you very much.Have a nice day!
(ありがとう。良い日を過ごしてください。)
B:No problem.Have a nice trip!
(どういたしまして、良い旅を!)

この駅から乗ってこの駅で降りてください。と伝えたい場合は、
Take the【駅名・場所】going toward【駅名・場所】and get off at 【駅名・場所】.
【駅・場所】 で乗って、 【駅・場所】 の方へ行き、 【駅名場所】 で降りてください。と表現します。

他にも道案内に使えるワードは探してみると沢山あります。
Corner:曲がり角
Crossing:横断歩道
Intersection:交差点
Near○○:◯○の近く
Opposite○○:◯○の向かい
Road(street):道
Straight:まっすぐ
Traffic light:信号機
Turn:・曲がる
Building:建物
End of the road:道の突当り

ネイティブ外国人に英語を学ぶ

英会話を勉強しようとしたときに、まずは自分で勉強したり、アプリなどから英会話を始める方が多いのですが、
英会話のフレーズは、何度も何度も口に出す方が覚やすいですし、どんなシチュエーションでも、すらすらフレーズが出てくるようになります。
様々な英会話スクールがありますが、ネイティブの外国人講師に英語を学べる英会話スクールをさがすと、月謝の金額が高かったり、まずネイティブの講師が居ないなんてことも。
ネイティブ外国人に英語を学ぶことで、訛りがないない正しい英語をまずは聞いて慣れていくことが出来るのでるので、どこの国の方に声をかけられても落ち着いて答えられるようになります。
英会話スクール探しをするなら、どれだけの回数授業が受けられるのか、ネイティブの講師が教えているのか、是非教室選びの参考にしてくださいね。